Aroma 

アロマテラピーという言葉は、20世紀に入ってからフランスの

科学者ルネ・モーリス・ガットフォセによって作られた造語です。


「アロマ=aroma」とは「芳香」+「テラピー=therapy」とは「治療」
→アロマテラピー『芳香療法』になります。

 

アロマテラピーは、植物から抽出した精油の香りを嗅いだり、お風呂に入れたり、

トリートメントオイル(キャリアオイルに希釈して使用)として使ったりと用途は

いろいろあります。


現代社会において、ストレスが身体に与える影響は大きく、私達は、ストレス解消

のために運動をしたり、エステにいったり、マッサージに行ったりetcと生活の中で

崩れたバランスを整えるために、自分にあった解消法を見つけています。


アロマテラピーは比較的簡単に生活に取り入れることができるセラピーです。

注意事項はいろいろありますが、難しいことは考えず、まずは気に入った香り

で芳香浴をしたり、お風呂に 入ったりと生活に取り入れてみてはいかがでしょう。


(社)日本アロマ環境協会では、アロマテラピーを以下のように定義しています。

 

アロマテラピーは精油を用いてホリスティックな観点から行う自然療法である。

アロマテラピーの目的は以下のとおりである。


 1.リラクセーションやリフレッシュに役立てる。
 2.美と健康を増進する。
 3.身体や精神の恒常性の維持と促進を図る。
 4.身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す